国民病といわれているがんとは?知っておきたい病気

改めてしりたいがんという病気

「がん」と聞けばどういったことを想像しますか?「治らない」とか「副作用がきつい」などさまざまなことを思い浮かべるでしょう。しかし、今は「治せる」病気になってきているのと「副作用を緩和できる」ようになってきています。ですから、がんを克服する環境が昔に比べるとずいぶん変わってきているのが現代の医療環境なのです。

治療法も確立されてきている

がんの治療法に関しても、確立されてきています。この病気の治療法といえば、抗がん剤治療、放射線治療、外科治療の三つでした。これらの治療も医療技術が発展したことで、さらに良くなってきています。また、これに加えて免疫治療なども併用して行なえるようになっていますし、プロポリスなどの自然から採れる物質を使用した方法なども取り入れられています。

がんとは一体どんな病気なのか

徐々に体が変化していく

がんは、突然発症すると思っているでしょう。しかし、この病気は正常な細胞よりもがん細胞が増えたことで症状が悪化するので、気がつかないうちに悪くなっていきます。そのため、定期的に健康診断などを受けることが推奨されています。また、体に少しでも変化が起きた場合もすぐに病院へ行くようにしましょう。早期発見できれば、完治させやすくなります。

悪性腫瘍ともいわれている

がんは、悪性腫瘍のひとつになります。そのため、がんの種類によっては体内で腫瘍が大きくなってしまうことがあります。ただ、腫瘍の場合は、摘出さえできればがんを治すことができます。ただし、摘出しても転移することがあるので手術後も定期的に様子を見なくてはいけません。また、転移したがんが再度腫瘍を摘出すれば治るかといえばわからないので、治療は医師と相談しながら決めることになります。

ステージ4になったら治らない?

がんの進行は、ステージで表されます。まだ早い段階のステージなら、治療を続けていくことで治したり、症状を緩和させたりすることができます。しかし、ステージ4となれば治療を行なっても治せないことが多いといわれてきました。ですが、これも最近は異なるという見解もあります。その理由は、新しい治療法がどんどんと確立されてきているからです。

自分の体で治せるようになる

まだまだ新しい治療法になるので、結果として十分なデータがないのですが「免疫療法」が今後とてもがん治療に役立つのではないかといわれています。この治療法は、自分の体にある正常な細胞を増やして再度体へ戻すという治療になります。そうすることで、がん細胞よりも正常な細胞が増えて免疫力が高くなってがんを克服できるとされています。

がんに負けない体を作る

他にも、副作用の強い抗がん剤治療を緩和させる方法も増えてきています。それは、プロポリスなどの物質です。これらと同時に抗がん剤を体内に取り込むことで副作用の症状を抑えながら治療を進めることができるようになっています。そのため、がん患者も治療に集中しやすくなってがんに負けない体作りを行なえるようになっています。

副作用に良い成分をランキングで紹介!

no.1

フコイダン

フコイダンは、昆布やわかめなどの海藻類に含まれているヌメリ成分です。この成分は、これまでの研究によって人間の体の免疫力を高める作用があると発表されています。また、アポトーシス作用によってがん細胞が増えてしまうのを繰り返さずに自ら正常な細胞と同じように死滅を選ぶようになっています。他にも、血管新生の抑制も期待できます。これがあること、体への負担を減らせがん細胞へ利用を摂られないようにできます。

no.2

アガリクス

アガリクスは、和名でヒメマツタケといわれているキノコの一種です。Βグルカンをはじめたとした様々は有効成分が含まれていることから健康食品によく使われています。がんにも良いとされており、体の免疫細胞を活発にできるので、がん細胞の発育を抑制できる作用を期待できます。他にも、新しい血管を作ることを抑制できるのでがん細胞の増殖も防げますし、抗がん剤の治療効果を向上させられるともいわれています。

no.3

プロポリス

プロポリスは、みつばちが作り出す物質になります。これは、みつばちの分泌液と花粉、樹液などが混ざりあってできた混合物で、巣の中に有害な物質やウイルスが入ってくるのを防ぐ役割があります。それに、豊富な栄養素が含まれており、お互いに効果を高めることで健康効果を期待できるようになっています。また、体の免疫細胞を活性化させることができるので、がんなどの疾患にも高い効果を期待できます。

no.4

メシマコブ

メシマコブは、世界中に分布されている希少なキノコです、これは、人間の体の免疫機能を活性化させる作用があるので間接的にがん細胞に対して効果を期待できます。天然自然のメシマコブを求めて探している製薬メーカーも多く存在しており、それほど高い効果を期待できるとされています。また、メシマコブを投与して行なったマウス実験では、がんの増殖を抑制したり、転移を抑制したり、延命効果、発がん予防などが期待できるという報告もあります。

no.5

スクワレン

スクワレンは、深海に住んでいるサメの肝油から成型された不飽和脂肪酸のひとつになります。特に肝臓への効果が高くて、慢性の肝炎を改善することができるほど効果的です。それに、酸素の運び屋とも呼ばれているほど体の隅々まで酸素を送ることができます。がん患者には、体の組織を活性化させられるので内臓機能が高まって血管新生を阻害するなどという効果を期待できます。

がんについて知っておこう

栄養補助食品

自分に合う方法で治療を続ける

がん治療は、人によって合う、合わないがあります。ですから、治療を行なっても中々効果を期待できない、副作用が酷いなどという場合は医師に相談して別の治療を行なえるようにしたほうがいいでしょう。また、最近はプロポリスなどの物質を併用して治療を進めることができます。こういったことも医師に提案しながら、治療を続けていくのもいいかもしれません。

無視しないように生活を続ける

がんだと言われてしまうと、誰でもショックを受けてしまいます。それに、人によっては「もう治らない」と悲観的になっている人もいるでしょう。ですが、治療を続けることで症状が悪化していても、緩和させることができますし、以前のような生活に戻ることだってできます。早く治さないといけないって焦ってしまうかもしれませんが、体に負担をかけないように無理せずに治療を続けて生活を送るようにしましょう。

人と接することを忘れないようにする

よくがんになると、お見舞いに来る人がいなくなるといわれています。これは、抗がん剤治療などの副作用によって見た目がどんどん変化していくからでしょう。そのため、がん患者自身も人と接さないようになっていきます。ですが、病気は気持ちも大きく影響しますので人が来なくなってしまうと、どんどん弱くなっていきます。ですから、自分のことを良く理解してくれている家族や友人にお見舞いへ来てもらえるように言ったほうがいいでしょう。

誰でも辛いからこそ乗り越えよう

がん患者にとって治療はとても辛いものでしょう。しかし、これは決して自分だけの病気ではありません。他の人も発症している病気になります。ですから、自分だけがかわいそうと思うのではなく「誰でも辛いから頑張ろう」っていう気持ちで過ごすようにしてみてください。そうすることで、病気に対して前向きな考えになりますし、辛い症状が起きても病気のためだと乗り越えられるようになりますよ。

大事なことは「治る」という気持ち

これは、どんな病気にも言えることですが「治る」と思って治療に励みましょう。治らないと思いながら治療を受けても、治療の経過があまりよくならないといわれています。それに、治りたいから治療を受けるのですから、前向きに考えて治療を受けるようにしてください。現代では、がんに対する治療や相乗効果を期待できる成分が多く発見されています。後ろ向きにならずに前向きに考えて、がんを克服できるようにすることが大事です。